ステイゴールド staygold

MY BLOGブログ

Staygold's Blogブログ一覧

2017.04.12

不動産投資・資産運用「完全合法民泊・ゲストハウスのスタートアップセミナー」開催!

  不動産投資・資産運用「完全合法民泊・ゲストハウスのスタートアップセミナー」を開催いたします。 ぜひ、ご参加ください!   不動産投資・資産運用「完全合法民泊・ゲストハウスのスタートアップセミナー」   来年2017年は、通常国会で可決された民泊新法が始まります。 法令順守で、民泊やゲストハウスのスタートアップの方法とAirbnbだけでなく、複数の集客サイトを利用して少しでも可能率を向上させる方法をお話しさせていただきます。   開催日時:2017.4.20(木) 開催時間:18:00~21:00 参加費用:無料 開催場所:沖縄県総合福祉センター(沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目373-1)   ◆テーマ1:利回りを最大限に高める民泊・ゲストハウス運営 株式会社ステイゴールド 代表取締役兼CEO 髙橋靖和 沖縄という地の利を活かし、同業他社の参入障壁が高いエリアでの宿泊に関するインバウンドは非常に魅力的な市場です。 実経験に基づいた手法をお伝えします。   ◆テーマ2:世界最大級のバケーションレンタルサイトホームアウェイの導入メリット ホームアウェイ株式会社 Market Manager 新井智久   Airbnbの次はここ!エクスペディアグループで世界最大級のバケーションレンタル会社HomeAway(ホームアウェイ)のサービスを紹介します。 販路を拡大したいホスト必見の詳しい登録方法や運営ノウハウもご案内します。   ◆テーマ3:民泊のスタートアップと簡易宿所許可について 株式会社メジャーサポートサービス 代表取締役 寺田清隆 「民泊・ゲストハウス物件」の探し方から民泊スタートまでのご紹介や簡易宿所許可の申請と消防設備について専門家を交えてご説明いたします。   お申込みはFAXにてお送りください。※は必須項目です。 FAX番号:06-6356-3168 ①会社名 ※ ②業種・役職 ※ ③お名前(フリガナ)※ ④E-mailアドレス ⑤お電話番号 ⑥参加目的 ⑦参加人数 ※ ⑧紹介者名   たくさんのご応募・ご参加をお待ちしております。 よろしくお願いいたします!

 

不動産投資・資産運用「完全合法民泊・ゲストハウスのスタートアップセミナー」を開催いたします。

ぜひ、ご参加ください!

 

不動産投資・資産運用「完全合法民泊・ゲストハウスのスタートアップセミナー」

 

来年2017年は、通常国会で可決された民泊新法が始まります。
法令順守で、民泊やゲストハウスのスタートアップの方法とAirbnbだけでなく、複数の集客サイトを利用して少しでも可能率を向上させる方法をお話しさせていただきます。

 

開催日時:2017.4.20(木)
開催時間:18:00~21:00
参加費用:無料
開催場所:沖縄県総合福祉センター(沖縄県那覇市首里石嶺町4丁目373-1)

 
◆テーマ1:利回りを最大限に高める民泊・ゲストハウス運営
株式会社ステイゴールド 代表取締役兼CEO 髙橋靖和

沖縄という地の利を活かし、同業他社の参入障壁が高いエリアでの宿泊に関するインバウンドは非常に魅力的な市場です。
実経験に基づいた手法をお伝えします。

 

◆テーマ2:世界最大級のバケーションレンタルサイトホームアウェイの導入メリット
ホームアウェイ株式会社 Market Manager 新井智久

 

Airbnbの次はここ!エクスペディアグループで世界最大級のバケーションレンタル会社HomeAway(ホームアウェイ)のサービスを紹介します。
販路を拡大したいホスト必見の詳しい登録方法や運営ノウハウもご案内します。

 

◆テーマ3:民泊のスタートアップと簡易宿所許可について
株式会社メジャーサポートサービス 代表取締役 寺田清隆

「民泊・ゲストハウス物件」の探し方から民泊スタートまでのご紹介や簡易宿所許可の申請と消防設備について専門家を交えてご説明いたします。

 
お申込みはFAXにてお送りください。※は必須項目です。
FAX番号:06-6356-3168

①会社名 ※
②業種・役職 ※
③お名前(フリガナ)※
④E-mailアドレス
⑤お電話番号
⑥参加目的
⑦参加人数 ※
⑧紹介者名

 

たくさんのご応募・ご参加をお待ちしております。

よろしくお願いいたします!

2017.03.08

日経MJに掲載していただきました!

【プレスリリース】 タイム・ルーム http://time-room.com/ 民泊の日本人利用がまだまだ普及していない中、 民泊への抵抗感を下げるために、「宿泊施設」という 概念から「個室の時間貸し」という風に視点を変えて、 宿泊の機能もあって、インターネットカフェより プライベート感が増すようなレンタルスペースを提供したく 自社開発しました。 ブランディングを立てるために、ターゲットは 「ライブやコンサートのおっかけ」の方に 使っていただきやすいように「尖がらせて」いきます。 他にもフリーランスが時間単位でプライベートサロンと して使えたり、プレミアムフライデーでキッチン付きで 家飲みできるような空間を自由に使えます。 ぜひご利用ください(^^♪

【プレスリリース】

タイム・ルーム
http://time-room.com/

民泊の日本人利用がまだまだ普及していない中、
民泊への抵抗感を下げるために、「宿泊施設」という
概念から「個室の時間貸し」という風に視点を変えて、

宿泊の機能もあって、インターネットカフェより
プライベート感が増すようなレンタルスペースを提供したく
自社開発しました。

ブランディングを立てるために、ターゲットは
「ライブやコンサートのおっかけ」の方に
使っていただきやすいように「尖がらせて」いきます。

他にもフリーランスが時間単位でプライベートサロンと
して使えたり、プレミアムフライデーでキッチン付きで
家飲みできるような空間を自由に使えます。

ぜひご利用ください(^^♪

2017.02.28

オフィス移転&インキュベーションシェアオフィス

オフィス移転しました! 大阪市北区万歳町4-12浪速ビル202号室西館   同時に、 「インキュベーション・シェアオフィス」はじめます!   事務所を引っ越したタイミングでチャレンジする事が「日本の働き方を再定義」したいと考えています。 今は、 ・週5日 ・1日8時間 ・決まった会社 ・決まった場所 で働く方が大半だと思います。 これを例えば週3日は特定の企業である程度生活のため 安定した給料を稼いで、残りの2日は自分を「※パラレルキャリアの形成」 ※ドラッガーでいう組織に頼らず第2の人生を始める 為に別の仕事をしてダブルワークをする時代が来ると思っています。   これからの人口減少を見越して、大手企業が優秀な人材や 若年層を確保するのは仕方がないことです。   ワーカー目線で言うと、安倍首相が働き方改革会議で 後押ししている「副業」と「フリーランス」になります。 副業の第一義は「収入の補助」です。   時代の流れで、長時間労働による残業時間の削減で 今まで残業代で改正でいたという方にとっては 「残業から副業へ」 という新しい考え方が必要だと思っています。   またフリーランスは、国内に「約1千万人」いるといわれています。 この1千万人を強力な労働力として、 当社が得意なシェアリングエコノミーの経済システムに乗せていく考えです。   インキュベーション・シェアオフィス、 つまり起業や創業をするためにステイゴールドの スタッフとテーブルを並べて、一緒にITや民泊、プラットフォーム等の構築をして、 時には仕事を振り合って、意見をぶつけ合って互いに高め合えればと思っております。 面接や守秘義務契約書を交わす必要がありますが、予約制でテーブルとスペースを格安で提供します!   【追伸】 林木材株式会社さん 浪速企業株式会社さん 株式会社Esir designさん リーブルホームさん 築拓(ちくたく)育む場を創造する chiku-takuさん CORIGGE MARKETさん お陰様でオシャレなオフィスになりました! ありがとうございます(^^♪

オフィス移転しました!
大阪市北区万歳町4-12浪速ビル202号室西館

 

同時に、
「インキュベーション・シェアオフィス」はじめます!

 

事務所を引っ越したタイミングでチャレンジする事が「日本の働き方を再定義」したいと考えています。
今は、
・週5日
・1日8時間
・決まった会社
・決まった場所
で働く方が大半だと思います。
これを例えば週3日は特定の企業である程度生活のため
安定した給料を稼いで、残りの2日は自分を「※パラレルキャリアの形成」
※ドラッガーでいう組織に頼らず第2の人生を始める
為に別の仕事をしてダブルワークをする時代が来ると思っています。

 

これからの人口減少を見越して、大手企業が優秀な人材や
若年層を確保するのは仕方がないことです。

 

ワーカー目線で言うと、安倍首相が働き方改革会議で
後押ししている「副業」と「フリーランス」になります。
副業の第一義は「収入の補助」です。

 

時代の流れで、長時間労働による残業時間の削減で
今まで残業代で改正でいたという方にとっては
「残業から副業へ」
という新しい考え方が必要だと思っています。

 

またフリーランスは、国内に「約1千万人」いるといわれています。
この1千万人を強力な労働力として、
当社が得意なシェアリングエコノミーの経済システムに乗せていく考えです。

 

インキュベーション・シェアオフィス、
つまり起業や創業をするためにステイゴールドの
スタッフとテーブルを並べて、一緒にITや民泊、プラットフォーム等の構築をして、
時には仕事を振り合って、意見をぶつけ合って互いに高め合えればと思っております。
面接や守秘義務契約書を交わす必要がありますが、予約制でテーブルとスペースを格安で提供します!

 

【追伸】
林木材株式会社さん
浪速企業株式会社さん
株式会社Esir designさん
リーブルホームさん
築拓(ちくたく)育む場を創造する chiku-takuさん
CORIGGE MARKETさん
お陰様でオシャレなオフィスになりました!
ありがとうございます(^^♪

2017.02.16

ウィーチャットはもはや必須のアプリケーション

 微信(中国語読み:ウェイシン、英語:WeChat、ウィーチャット)は中国大手IT企業テンセント(中国名:騰訊)が作った無料インスタントメッセンジャーアプリで、多様なプラットフォームで使用可能です。主に、グループチャット機能、音声、写真、動画、テキストのメッセージなどが有名でしょうか。ウィーチャットの月間アクティブユーザーは一般情報において6億人(前年比で37%増)を超えているとのことです。  ウィーチャットは、地域、年齢、性別、趣味、配信端末などをターゲティングして、関心の高いセグメントに、ピンポイントで広告を配信することが可能です。 基本的な機能としては、LINEのようなメッセージと通話機能です。またTwitterのような拡散機能も、備わっており、とくにスマートフォンと相性のいいSNSにもなります。 ほかにも、「WeChat Payment」(財付通)というオンライン決済サービスを、利用することができ、最近では、株式会社ネットスターズが「『WeChat Payment』を、日本でも訪日中国人向けに導入した」とのことで話題を集めました。 ウィーチャットの公式アカウントの開設は、誰でも無料で可能です。詳しくみていくと、3種類のアカウントが存在します。 ①订阅号(予約購読) ・ユーザーに対するメッセージを送信(上限は、1日に1回)。 ・企業の独自メニューを設置して、ランディングページやコンテンツに誘導できる。 ・他の公式アカウントとまとめられて表示される。 ②服務号 ・ユーザーに対するメッセージを送信(上限は1か月に4回)。 ・企業の独自メニューを設置して、ランディングページやコンテンツに誘導できる。 ・他の個人ユーザーと同じようにリストアップされ表示される。 ③企業号 ・ユーザーに対するメッセージを送信(無制限) ・独自開発アプリとの連結 ・従業員の連絡先リスト/グループ分け ・個人情報保護 ・グループチャット窓口の統合 ・アクセス権限管理 ・蓄積情報へのAPIを介したオープンなアクセス (※API:「アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合の事を指す。ソフトウェア開発の際、いちから全てを作るより、APIを利用すればもともとあるプログラムを呼び出して、その機能を組み込んだソフトウェアを開発することが…

 微信(中国語読み:ウェイシン、英語:WeChat、ウィーチャット)は中国大手IT企業テンセント(中国名:騰訊)が作った無料インスタントメッセンジャーアプリで、多様なプラットフォームで使用可能です。主に、グループチャット機能、音声、写真、動画、テキストのメッセージなどが有名でしょうか。ウィーチャットの月間アクティブユーザーは一般情報において6億人(前年比で37%増)を超えているとのことです。
 ウィーチャットは、地域、年齢、性別、趣味、配信端末などをターゲティングして、関心の高いセグメントに、ピンポイントで広告を配信することが可能です。
基本的な機能としては、LINEのようなメッセージと通話機能です。またTwitterのような拡散機能も、備わっており、とくにスマートフォンと相性のいいSNSにもなります。
ほかにも、「WeChat Payment」(財付通)というオンライン決済サービスを、利用することができ、最近では、株式会社ネットスターズが「『WeChat Payment』を、日本でも訪日中国人向けに導入した」とのことで話題を集めました。
ウィーチャットの公式アカウントの開設は、誰でも無料で可能です。詳しくみていくと、3種類のアカウントが存在します。

①订阅号(予約購読)
・ユーザーに対するメッセージを送信(上限は、1日に1回)。
・企業の独自メニューを設置して、ランディングページやコンテンツに誘導できる。
・他の公式アカウントとまとめられて表示される。

②服務号
・ユーザーに対するメッセージを送信(上限は1か月に4回)。
・企業の独自メニューを設置して、ランディングページやコンテンツに誘導できる。
・他の個人ユーザーと同じようにリストアップされ表示される。

③企業号
・ユーザーに対するメッセージを送信(無制限)
・独自開発アプリとの連結
・従業員の連絡先リスト/グループ分け
・個人情報保護
・グループチャット窓口の統合
・アクセス権限管理
・蓄積情報へのAPIを介したオープンなアクセス
(※API:「アプリケーションプログラムインターフェイスの略語で、プログラミングの際に使用できる命令や規約、関数等の集合の事を指す。ソフトウェア開発の際、いちから全てを作るより、APIを利用すればもともとあるプログラムを呼び出して、その機能を組み込んだソフトウェアを開発することができる。」ウィキペディアより)

 企業号は、例えば、中国三大航空会社の1つである中国東方航空や、アイスクリームブランドである哈根达斯(ハーゲンダッツ)が、挙げられます。中国東方航空では、フライトや気象情報、また哈根达斯では、店舗巡回によってつけられる店舗ランク・評価情報などを、ユーザーに配信することが可能です。

2017.02.09

「インバウンドマーケティングのメリット」

みなさんこんにちは。今回は前回のインバウンドマーケティングのメリットについてご紹介させて頂きます。 メリットその1費用対効果が高い 従来のアウトバウンドマーケティングでは、不特定多数の人にメールマガジンなど一方的に送りつけ、コストの割に効果が薄いと感じることもあったと思います。インバウンドマーケティングの場合は、あくまで相手から自社サイトに入って来る(訪問する)訳ですから、オンリーワンで有用なコンテンツを作れば作るほど、集客力やそのリピート率がアップしていく仕組みです。 メリットその2データ分析が可能 これはアウトバウンドとの大きな違いの一つといえます。インバウンドマーケティングは前回もご紹介したように、自社のサイトを顧客が見つけ訪問します。Google Analyticsを導入しておけばサイト閲覧者の行動を分析できるようになりますので、サイト管理者にとっては今までより顧客データの分析が容易になるでしょう。 たとえば「今日は何人が訪問したか、そのうち商品購入ページを閲覧したのは何人か、さらに実際商品の購入まで至ったのは何人か」といった顧客の行動を、明確にデータ化し分析できるというメリットがあります。  メリットその3コンテンツは資産になる コンテンツは資産になるこれがインバウンドマーケティングの最も大きなメリットです。たくさんの顧客に選ばれるサイトは、そのものが大きな資産(価値)としてWEB上に残り続けます。顧客がいつも繋がっていたい、何度も見に来たいと思う、信頼のおける有用な資産として使われ続けます。 従来のアウトバウンドのように、広告やメルマガを一方的に送りつけるのではなく、コンテンツそのものを企業と顧客とが共有・共存させ育てていくことがインバウンドマーケティングの醍醐味であり、最大のメリットにつながります。

みなさんこんにちは。今回は前回のインバウンドマーケティングのメリットについてご紹介させて頂きます。

メリットその1費用対効果が高い
従来のアウトバウンドマーケティングでは、不特定多数の人にメールマガジンなど一方的に送りつけ、コストの割に効果が薄いと感じることもあったと思います。インバウンドマーケティングの場合は、あくまで相手から自社サイトに入って来る(訪問する)訳ですから、オンリーワンで有用なコンテンツを作れば作るほど、集客力やそのリピート率がアップしていく仕組みです。

メリットその2データ分析が可能
これはアウトバウンドとの大きな違いの一つといえます。インバウンドマーケティングは前回もご紹介したように、自社のサイトを顧客が見つけ訪問します。Google Analyticsを導入しておけばサイト閲覧者の行動を分析できるようになりますので、サイト管理者にとっては今までより顧客データの分析が容易になるでしょう。
たとえば「今日は何人が訪問したか、そのうち商品購入ページを閲覧したのは何人か、さらに実際商品の購入まで至ったのは何人か」といった顧客の行動を、明確にデータ化し分析できるというメリットがあります。

 メリットその3コンテンツは資産になる
コンテンツは資産になるこれがインバウンドマーケティングの最も大きなメリットです。たくさんの顧客に選ばれるサイトは、そのものが大きな資産(価値)としてWEB上に残り続けます。顧客がいつも繋がっていたい、何度も見に来たいと思う、信頼のおける有用な資産として使われ続けます。
従来のアウトバウンドのように、広告やメルマガを一方的に送りつけるのではなく、コンテンツそのものを企業と顧客とが共有・共存させ育てていくことがインバウンドマーケティングの醍醐味であり、最大のメリットにつながります。

2017.02.02

インバウンドマーケティング

 皆さんこんにちは。今回はインバウンドマーケティングについてご紹介します。  インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、ブログやeBook、ホワイトペーパー、ニュースリリース、動画などのコンテンツをWebで公開し、検索エンジンの結果ページに上位表示されたりソーシャルメディア(SNS)で共有・拡散されるような取り組みをすることで、それ(Webコンテンツやサイト)を見込み顧客に見つけてもらい、自社やその商品・サービスに興味を持ってもらえるように仕掛けるマーケティング手法です。現代の消費者・購買者の行動様式に合わせて提唱されている、新しい概念と言われています。  旧来のマーケティングは、企業から売りたい相手に向けて押し付けるアウトバウンド(外側に向かう)型で、テレマーケティングやダイレクトメール、マス広告などの手段が使われていました。  これに対しインバウンドマーケティングは、消費者・購買者がWeb検索や商業メディアの閲読、SNSでの交流など、自分の興味・関心にもとづいて自発的に行動し、その結果、自分に役立つ情報として企業のマーケティングメッセージを受け取ります。そのため、売りたい相手が自ら企業の方にやってくる。これを指してインバウンド(内側に向かう)と呼んでいます。  現代において我々は「知りたいことは自分で調べられる」ようになり、「自分が欲しいと思わない情報」はシャットアウトするようになったので、不必要で企業側に都合のよい広告や情報だけを提供する「アウトバウンドマーケティング(プッシュ型商法)」は敬遠されるようになりました。その為、それと逆のマーケティング手法であるこのインバウンドマーケティングがだんだん主流に扱われるようになってきているのです。  アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの主な施策に以下のようなものがあります。 〈アウトバウンドマーケティング〉 ●ダイレクトメール●テレマーケティング●TVCM/ラジオ広告●新聞/雑誌広告●バナー広告●展示会など 〈インバウンドマーケティング〉 ●SEO●ブログ●ソーシャルメディア●eBook●メールマガジン●動画など

 皆さんこんにちは。今回はインバウンドマーケティングについてご紹介します。
 インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)とは、ブログやeBook、ホワイトペーパー、ニュースリリース、動画などのコンテンツをWebで公開し、検索エンジンの結果ページに上位表示されたりソーシャルメディア(SNS)で共有・拡散されるような取り組みをすることで、それ(Webコンテンツやサイト)を見込み顧客に見つけてもらい、自社やその商品・サービスに興味を持ってもらえるように仕掛けるマーケティング手法です。現代の消費者・購買者の行動様式に合わせて提唱されている、新しい概念と言われています。
 旧来のマーケティングは、企業から売りたい相手に向けて押し付けるアウトバウンド(外側に向かう)型で、テレマーケティングやダイレクトメール、マス広告などの手段が使われていました。
 これに対しインバウンドマーケティングは、消費者・購買者がWeb検索や商業メディアの閲読、SNSでの交流など、自分の興味・関心にもとづいて自発的に行動し、その結果、自分に役立つ情報として企業のマーケティングメッセージを受け取ります。そのため、売りたい相手が自ら企業の方にやってくる。これを指してインバウンド(内側に向かう)と呼んでいます。
 現代において我々は「知りたいことは自分で調べられる」ようになり、「自分が欲しいと思わない情報」はシャットアウトするようになったので、不必要で企業側に都合のよい広告や情報だけを提供する「アウトバウンドマーケティング(プッシュ型商法)」は敬遠されるようになりました。その為、それと逆のマーケティング手法であるこのインバウンドマーケティングがだんだん主流に扱われるようになってきているのです。
 アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティングの主な施策に以下のようなものがあります。
〈アウトバウンドマーケティング〉
●ダイレクトメール●テレマーケティング●TVCM/ラジオ広告●新聞/雑誌広告●バナー広告●展示会など
〈インバウンドマーケティング〉
●SEO●ブログ●ソーシャルメディア●eBook●メールマガジン●動画など

2017.01.26

インスタグラム(Instagram)広告の拡大と浸透化

 今回は人気急上昇中のインスタグラムについてです。皆さん、このインスタグラムをご存知でしょうか?  インスタグラムは、写真を撮影、加工、共有できるスマートフォン向けアプリで、2010年10月6日にiPhoneアプリがリリースされました。SNSとしての機能も備え、現在インスタグラムは iPhoneアプリ、Androidアプリが提供されています。 ではこのインスタグラム広告でどのようなことができるのでしょう?  インスタグラム広告の広告形態には、写真広告、動画広告、カルーセル広告の3つがあり、ユーザーの特徴としては若年層が多く、またそのユーザーに向けて細かなターゲティングができます。 (※カルーセル形式:1つの広告ユニットに3~5個の画像や動画、見出しとリンク、またはコールトゥアクションを表示できる、ターゲティング:サイトを設立する際に「どの顧客層を標的にするのか」を決めること)  ユーザー率については、男性では20代までのユーザーが56.92%、女性では63.20%で、若年層の女性の利用率が最も高く(米国などでも同様)、アパレルブランドやコスメブランドなど、女性をターゲットとする企業を中心にビジネス活用が進められています。  Twitterなどで有名な「ハッシュタグ」を使いこなすことで自社のブランド認知を高めることもでき、同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人の様々な意見が閲覧しやすくなっています。このハッシュタグを使いこなすことで、いかに自社の商品・サービスをユーザーに認知してもらえるかのポイントになるようです。  また、広告の目的に合わせたアクションタイプの設定が可能で、たとえば画像や動画などの右下にあるコールトゥアクションボタンをクリックすれば、「・詳しくはこちら・お問い合わせ・予約する・購入する…」などと非常に多くの選択ツールが現れます。このアクションボタンの設置によりユーザーのアクションを大幅に引き出すことも可能になりました。  そもそも広告宣伝の発展性が高いことから、「広告ありグループ」と「なしグループ」では前者の指標がそれぞれインストール数339%、アプリ内購入1.5倍と、その違いが明瞭に現れています。  インスタグラム広告を活用し、自社のブランド認知を高めると必然的にその宣伝効果は上がるようです。  インスタグラムは、Facebookペー…

 今回は人気急上昇中のインスタグラムについてです。皆さん、このインスタグラムをご存知でしょうか?
 インスタグラムは、写真を撮影、加工、共有できるスマートフォン向けアプリで、2010年10月6日にiPhoneアプリがリリースされました。SNSとしての機能も備え、現在インスタグラムは iPhoneアプリ、Androidアプリが提供されています。
ではこのインスタグラム広告でどのようなことができるのでしょう?
 インスタグラム広告の広告形態には、写真広告、動画広告、カルーセル広告の3つがあり、ユーザーの特徴としては若年層が多く、またそのユーザーに向けて細かなターゲティングができます。
(※カルーセル形式:1つの広告ユニットに3~5個の画像や動画、見出しとリンク、またはコールトゥアクションを表示できる、ターゲティング:サイトを設立する際に「どの顧客層を標的にするのか」を決めること)
 ユーザー率については、男性では20代までのユーザーが56.92%、女性では63.20%で、若年層の女性の利用率が最も高く(米国などでも同様)、アパレルブランドやコスメブランドなど、女性をターゲットとする企業を中心にビジネス活用が進められています。
 Twitterなどで有名な「ハッシュタグ」を使いこなすことで自社のブランド認知を高めることもでき、同じイベントの参加者や、同じ経験、同じ興味を持つ人の様々な意見が閲覧しやすくなっています。このハッシュタグを使いこなすことで、いかに自社の商品・サービスをユーザーに認知してもらえるかのポイントになるようです。
 また、広告の目的に合わせたアクションタイプの設定が可能で、たとえば画像や動画などの右下にあるコールトゥアクションボタンをクリックすれば、「・詳しくはこちら・お問い合わせ・予約する・購入する…」などと非常に多くの選択ツールが現れます。このアクションボタンの設置によりユーザーのアクションを大幅に引き出すことも可能になりました。
 そもそも広告宣伝の発展性が高いことから、「広告ありグループ」と「なしグループ」では前者の指標がそれぞれインストール数339%、アプリ内購入1.5倍と、その違いが明瞭に現れています。
 インスタグラム広告を活用し、自社のブランド認知を高めると必然的にその宣伝効果は上がるようです。
 インスタグラムは、Facebookページを用意し、インスタグラムアカウントを取得後に両サイトをリンクするだけで事前準備が整うので、誰でも簡単に始めることができます。
現在の「インスタグラム利用の盛り上がり」は一過性のものではなく、今後更に勢いを増すことでしょう。これからの動向に注目し、この画期的なアプリを共有してみませんか?

2017.01.19

リードジェネレーション

 リードジェネレーションとは、「見込み客の獲得」を意味します。 このリードジェネレーションは、「インターネットの特定サイトに、どれだけ訪問者を獲得できるか?」という理想をはじめ、特にマーケティング部門のネットサイトにとっては、SEO対策やコンテンツマーケティングなどを利用した「視聴者へのアトラクション」を心がけます。 (※SEO対策:検索エンジンの最適化、コンテンツマーケティング:読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をし、見込み顧客からファンへと定着させる方法) マーケティング部門の人は、見込み客を獲得し、見込み客の課題をより顕在化し、課題が十分に顕在化した優良な見込み客をセールス担当の人たちに引きわたします。そして見込み客を特定サイトのファンへと育成(ナーチャリング:nurturing)していくのですが、その前に考えなくてはいけないのは、 ◆育成できる状態の見込み客(リード)を十分に獲得できているか◆ ということです。  そこで顧客を育成する為に「SEO対策」や「コンテンツマーケティング」をはじめ、4つのツールが用意されています。 ●ランディングページ どのような課題や悩み事をもってあなたのWebサイトに来訪したかを把握し、それらを解決する為の情報を掲載する、「Webサイトに訪問した人たちをリード化する」という特別な目的をもったページ。 ●フォーム 「問い合わせはこちら」というブログやサイトページなどに設置されている問い合わせ入力フォームと同じもの。そのフォームの項目数を減らすなどし、フォーム入力時の障壁を緩和する。 ●CTA  CTA(コール・トゥ・アクション=行動喚起)を設置することで、サイトを訪問した人たちから見込み客になってもらうきっかけをつくる。たとえばサイトの下部に「CTA」のアイコンを作り、それをクリックするとランディングページに誘導される。 ●オファー  オファーは、ランディングページで提供されるコンテンツで、ペルソナ(個別)の課題解決に特化したもの。通常のWeb上のコンテンツより深堀りした内容を用意し、Web訪問者から「役に立つ」「必要」などと感じてもらえるような内容を提供する。  これらのツールを組み合わせ、サイトに訪問した多くの人たちのニーズを個別に解決することにより、訪問者から見込み客(ファン)へ育成していくことがリードジェネレーシ…

 リードジェネレーションとは、「見込み客の獲得」を意味します。
このリードジェネレーションは、「インターネットの特定サイトに、どれだけ訪問者を獲得できるか?」という理想をはじめ、特にマーケティング部門のネットサイトにとっては、SEO対策やコンテンツマーケティングなどを利用した「視聴者へのアトラクション」を心がけます。
(※SEO対策:検索エンジンの最適化、コンテンツマーケティング:読者にとって価値あるコンテンツの制作・発信をし、見込み顧客からファンへと定着させる方法)
マーケティング部門の人は、見込み客を獲得し、見込み客の課題をより顕在化し、課題が十分に顕在化した優良な見込み客をセールス担当の人たちに引きわたします。そして見込み客を特定サイトのファンへと育成(ナーチャリング:nurturing)していくのですが、その前に考えなくてはいけないのは、

◆育成できる状態の見込み客(リード)を十分に獲得できているか◆

ということです。
 そこで顧客を育成する為に「SEO対策」や「コンテンツマーケティング」をはじめ、4つのツールが用意されています。
●ランディングページ
どのような課題や悩み事をもってあなたのWebサイトに来訪したかを把握し、それらを解決する為の情報を掲載する、「Webサイトに訪問した人たちをリード化する」という特別な目的をもったページ。
●フォーム
「問い合わせはこちら」というブログやサイトページなどに設置されている問い合わせ入力フォームと同じもの。そのフォームの項目数を減らすなどし、フォーム入力時の障壁を緩和する。
●CTA
 CTA(コール・トゥ・アクション=行動喚起)を設置することで、サイトを訪問した人たちから見込み客になってもらうきっかけをつくる。たとえばサイトの下部に「CTA」のアイコンを作り、それをクリックするとランディングページに誘導される。
●オファー
 オファーは、ランディングページで提供されるコンテンツで、ペルソナ(個別)の課題解決に特化したもの。通常のWeb上のコンテンツより深堀りした内容を用意し、Web訪問者から「役に立つ」「必要」などと感じてもらえるような内容を提供する。
 これらのツールを組み合わせ、サイトに訪問した多くの人たちのニーズを個別に解決することにより、訪問者から見込み客(ファン)へ育成していくことがリードジェネレーションの目的になります。

2017.01.12

オウンドメディアを中心としたトリプルメディアを活用し、マーケティングゴールの達成を

 前回トリプルメディアの説明をさせて頂きましたが、今回はトリプルメディアの活用法についてお話させて頂きます。  オウンドメディアは企業が運営する「唯一、そして公式の情報発信元」であり、他社サイトや一般サイトからは得ることができない情報を期待されています。  オウンドメディアはユーザーが期待する情報のプラットフォームであることを考慮すると、ここを軸にすることによって3つのメディアをスムーズに連携させることが可能になります。  オウンドメディアがしっかりすればするほど、後からのアーンドメディア・ペイドメディアの取り組みが楽になります。(発信する情報がない or 質が低いと残り2つのメディアも力が半減してしまいます……)  ぜひ、トリプルメディアの特徴や違いを理解し、自社のマーケティング活動への活用を検討してみてください!

 前回トリプルメディアの説明をさせて頂きましたが、今回はトリプルメディアの活用法についてお話させて頂きます。
 オウンドメディアは企業が運営する「唯一、そして公式の情報発信元」であり、他社サイトや一般サイトからは得ることができない情報を期待されています。
 オウンドメディアはユーザーが期待する情報のプラットフォームであることを考慮すると、ここを軸にすることによって3つのメディアをスムーズに連携させることが可能になります。
 オウンドメディアがしっかりすればするほど、後からのアーンドメディア・ペイドメディアの取り組みが楽になります。(発信する情報がない or 質が低いと残り2つのメディアも力が半減してしまいます……)
 ぜひ、トリプルメディアの特徴や違いを理解し、自社のマーケティング活動への活用を検討してみてください!

2017.01.10

トリプルメディア

 企業がメディア戦略を考えるときに利用する3つのマーケティングチャネルを、 ●ペイドメディア(paid media) ●オウンドメディア(owned media) ●アーンドメディア(earned media) といい、これらを組み合わせフレームワークの一つとします。 (※フレームワーク=経営戦略や業務改善、問題解決などに役立つ分析ツールや思考の枠組みをいいます)。  この「トリプルメディア」とは、2009年に米国のIT情報サイトで紹介された「マルチメディア2.0」という論文にその単語が用いられた事をきっかけにして、その後もIT業界において広まり始め、今では或るていど通底した概念になって来ています。  日本でも、社団法人である日本アドバタイザーズ協会・Web広告研究会が、2010年のWebマーケティング戦略においてトリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考えていくべきとの宣言を発表したことから、一気に注目を集めました。  昨今ではこの「トリプルメディア」にも刷新がみられ、「ペイドメディア」「オウンドメディア」「アーンドメディア」のトリプルメディアに、ブランド共有のチャネルとして「シェアードメディア」を「+1」とするのが主流となりつつあります。  トリプルメディアを活用したマーケティングとは、消費者と企業をつなぐすべての接点や仕組みをメディアとしてとらえ直し、多様化した顧客接点の性質を分析・理解した上で、有機的に連携させ、企業活動全体を設計していく取り組みをいいます。  今後もIT社会となった現代において、どんどんこの「トリプルメディア」が駆使された商取引・宣伝戦略が増えて来そうです。

 企業がメディア戦略を考えるときに利用する3つのマーケティングチャネルを、
●ペイドメディア(paid media)
●オウンドメディア(owned media)
●アーンドメディア(earned media)
といい、これらを組み合わせフレームワークの一つとします。
(※フレームワーク=経営戦略や業務改善、問題解決などに役立つ分析ツールや思考の枠組みをいいます)。
 この「トリプルメディア」とは、2009年に米国のIT情報サイトで紹介された「マルチメディア2.0」という論文にその単語が用いられた事をきっかけにして、その後もIT業界において広まり始め、今では或るていど通底した概念になって来ています。
 日本でも、社団法人である日本アドバタイザーズ協会・Web広告研究会が、2010年のWebマーケティング戦略においてトリプルメディア、トリプルスクリーン戦略を考えていくべきとの宣言を発表したことから、一気に注目を集めました。
 昨今ではこの「トリプルメディア」にも刷新がみられ、「ペイドメディア」「オウンドメディア」「アーンドメディア」のトリプルメディアに、ブランド共有のチャネルとして「シェアードメディア」を「+1」とするのが主流となりつつあります。
 トリプルメディアを活用したマーケティングとは、消費者と企業をつなぐすべての接点や仕組みをメディアとしてとらえ直し、多様化した顧客接点の性質を分析・理解した上で、有機的に連携させ、企業活動全体を設計していく取り組みをいいます。
 今後もIT社会となった現代において、どんどんこの「トリプルメディア」が駆使された商取引・宣伝戦略が増えて来そうです。

1 / 7123...»最後